中村天風

こんにちわ。

本日はアンガーマネジメントに役に立つと思う名言をシェアし、それに関して解決法をご提案いたします。

 

中村天風氏とはどんな人物か?

中村天風氏は1876年~1968年に生きていらした方です。

少年時代に幼いころから英語を学び、柔道のエースとしても活躍するなど文武両道の青年でした。

16歳の時に、柔道で負かした相手から闇討ちにあい、その復讐で相手を刺殺してしまう。(正当防衛は認められたらしいです)

その後、陸軍の特殊工作員として満州に。

そこでは「人斬り天風」と呼ばれる。

30歳で結核を患い、33歳で病気によって弱くなった心を強くする方法を学ぶためにアメリカへ密航する。

コロンビア大学で自律神経系の研究をしたり

フランスでは大女優の自宅に住まい角界の著名人に会うも答えは見つからず。

1911年に日本へ帰ろうとした時、エジプトのカイロにてインドのヨーガ行者、カリアッパ氏に会う。

弟子入りし、ヒマラヤの高峰で2年半修行を行いました。

とうとう悟りをひらき、結核も自身で治癒。

1919年に突然感じるところがあり、一切の社会的身分、財産を処分し、「統一哲医学会」を創設。

街頭にて教えを説き始める。政財界の実力者が数多く入会するようになり、会は発展していく。

1968年まで教えを説き続けた方です。

ウィキペディア参照

 

 

人生は心一つの置きどころ

私たちは怒りがこみ上げると、その対象を変えようとします。

  • 相手を論破してやろう
  • 暴力で打ち負かしてやろう
  • 今度仕返ししてやろう

相手を変えようとしがちです。

しかし、経験でわかる方もいらっしゃると思いますが

相手を怒りによって変えれたことはありましたか?

一時的には相手が変わったように見えても

心の底からは相手とあなたは対立したままです。

 

私がおススメする解決法は自分自身を変えることです

私がおススメするアンガーマネジメント法は自分自身を変えることです。

魚をイメージしてください。

魚ははるか昔、環境に合わせて体を変えていきました。

海水から淡水に移動する際はミネラル分を保持するために骨を作り

陸に移動するときは呼吸ができるように循環器系を発達させました。

ここで魚は水を変えようとも外の世界を水で満たそうなどはしませんよね?

私たちも同じように自分自身を変えればいいのです。

自分の心の置きどころを変えればいいと感じます。

何事も見方しだいで変化するのは皆さんご存じのはずです。

怒りが蓄積すると?

実は私たちの身体は自然な状態であれば

身体もですが心もバランスされた状態を保ちます。

心身は常に自分自身をスキャンし、自分に必要なことを行ってくれてます。

心身がバランスの中にあれば少し起伏があっても元の状態に戻ってきます。

例えば、イライラした時などは寝て忘れようとしますよね。

その感情を寝ているときに、あなたの心身は解放するために活動してくれます。

朝起きたらすっきりすることも多いですよね。

しかし、負担の大きいストレスや慢性的なストレスによりその機能が果たせなくなることがあります。

その結果「怒り」が心身に溜まり、例えば腰痛が引き起こったり、その他のあらゆる疾病が起こるのです。

ボディートーク療法で「怒り」を解放する?

あなたがもし、怒りで、「憤り」で心身もボロボロと感じているならボディートーク療法がお手伝いできるかもしれません。

ボディートーク療法は心身の自然治癒力を高めて、身体と心が自然にバランスされた状態に向かいます。

症例は

  • アレルギー全般 ・アトピー
  • ウィルス性疾患(慢性および急性) ・感染症
  • 内臓・内分泌障害 ・胃腸障害 ・関節炎 ・疼痛
  • 頭痛 ・肩こり ・背部痛 ・腰痛
  • 不眠 ・ストレス ・慢性疲労
  • 不妊 ・生殖障害(性欲減退)
  • スポーツ外傷、負傷、事故外傷のリハビリ
  • 情緒障害 ・学習障害 ・多動性障害 ・恐怖症
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害) ・うつ
など様々です。
ボディートーク療法は大阪を中心に出張形態で行っております。

1セッション 7000円+往復交通費

横になれる場所があれば、身体の不自由の方でもどなたでも受けていただけます。

受けるあなたはなにもする必要なありません。横になってリラックスするだけです。

ご相談も受け付けております。

 

ボディートークってどんな療法?と

よく聞かれますので詳細は下記からご覧くださいませ。

BodyTalkJapan公式ホームページ

お時間いただきありがとうございます。

感謝

 

代表 オカザキ

Facebookページに参加しませんか?

心身に関するコンテンツを通してあなたのお役に立てますように。