・初めに

私が重要視しているものは2つあります。

1つは「個性」です。

全ての人がそれぞれ違う身体、心を持って生まれてきて、生きる道や感じる事や思う事が違うのに

正解が1つなわけはないと思ってます。ですので当blogの情報も全ての人にとって良いとは言いません。

色んな道を歩んでいる途中で私のblogで「なにか」を拾っていってもらえれば嬉しく思います。

もう一つは「バランス」です。

なにに関しても「しすぎ」「しなさすぎ」は「アンバランス」の始まりです。

そこから身体と心は分離していくでしょう。

当blogや私のSNS等で食や健康法などお勧めする時はこの「バランス」という言葉

は是非頭にそっと置いて頂けたら嬉しいです。

情報は参考程度にして皆さんに自分自身の声を聞いて頂き

「身体、心」の健康を保つお手伝いになれれば幸いです。

 

 

 

 

こんにちは。

「スパイス、ハーブ」を使用した料理の記事も更新していきます。

私が身体や心の健康保つ1つの方法は「食べ物」です。

自分の状態を観察し、それに合わせて食べるものを選ぶようになって

身体も心も健康と寄り添って入れる時間が長くなりました。

不定期ですが皆さんのキッチンライフへ小さなアイデアでも届けれたらなと思ってます。

今日は久しぶりにパスタでも作ってみました。

冷蔵庫に余っていた野菜を見てパッと直感で作ってみました。

最近は直感での成功率が高い。

使用材料

”野菜”

・しいたけ

・平三度豆

・キャベツ

・玉ねぎ

・ココナッツファイン

・乾燥ザクロ

・塩トマト

 

”スパイス、ハーブ”

・フェンネルシード

・クミンシード

・チリパウダー

・シナモン

 

 

”調味料”

・ピンクソルト

・薄力粉

・ココナッツオイル

 

ココナッツ、ザクロはアーユルヴェーダでのドーシャ概念の”ピッタ”さんと

相性の良い食べ物です。

身体の過剰な”火”を沈めてくれます。

血液とも関連しており、過剰な”ピッタ”のエネルギーは

炎症や肌荒れをおこし、頭部にたまると頭の脱毛症などにも関連してきます。

”火”の属性をもち”鋭い”性質も持っています。私自身は仕事や勉強で

集中しすぎて自分の身体の中で”火”が燃えたぎっているな~

と感じる時にこういう食べ物を選んでます。

リラックススイッチを入れる感じですかね。普段から仕事や遊びとバリバリと動いている方には

良いかもしれませんね。単純に身体の熱を下げるのでこれから迎える夏にもいいでしょう。

夏は「火」が強くなるので感情的には「怒り」やすくなる時期でもありますのでご注意を。

「怒り」は肝臓に負担を与えます。

肝臓は解毒作用のある場所ですよね。

また夏の養生法も夏前に書きたいと思います。

 

 

では簡単に作り方を。

初めにフェンネルのルーを作っておきます

ココナッツオイルと薄力粉を入れ

泡立て器で薄力粉を混ぜて少し水を入れます

野菜類をまとめて入れ火を通します。

その都度水分が減るのでつぎ足してオッケーです。(最後に煮詰めてとろみは調整するので)

スパイス、ハーブ類を入れて、塩で味を決めます。

ここまで作ったら蓋をして置いておきます。(水分が飛びすぎないよう)

 

違う鍋でパスタを8分くらいまで茹でてルーを作ったフライパンに入れます。

ここからパスタに絡んだルーのとろみを調整します。

(パスタのここで火を通し切るほうがのびる確率は少ない)

最後におばあちゃんから貰った塩トマトを刻んで完成です。

こんなのです(塩トマトですがかなり甘い・・)

 

ちなみにお皿も昔陶芸教室で作った手作りもの

あとあと考えたら甘さのある材料でまとまってました。

フェンネルシードは辛味と甘みを持つスパイスです。これがキャベツや豆類、ココナッツオイル、ザクロ等の

甘みと調和したのでしょうか。

もし、ココナッツファインや乾燥ザクロ、シード類が口に残るのがお嫌いでしたら

初めに水と一緒にミキシングすると良いでしょう。

 

おもしろい料理でした。

 

最後までありがとうございました。

 

岡崎 悟