ホワイトボードに黒のペンで書きなぐれば、誰かがいうだろう「黒が汚している」と

黒板にチョークで書きなぐれば、誰かがいうだろう「白が汚している」と。

あなたはこの世界を変装して歩き回る。

”白”を纏って賞賛されたり、”黒”を纏って非難されたり。

その間の色が世界を美しくしているのを忘れて、僕らはいう。

白から黒まで全てあなただという事を忘れて。

陽の光を拒絶して、影踏みを楽しもうと、

雨を拒絶して、果実を得ようとする。

僕らは白でも黒でも世界を汚せるだろう、そして美しい絵を描くこともできる。

使える色は多い方がいいな。捨ててしまった色はもう一度拾い集めようか。

あなたの美しさを出来る限り表現できるように。

 

終わり