太陽を見つめていたいな。月に助けを借りよう。
それは僕らの目に優しい光へと変えてくれる。
太陽のエネルギーが月のエネルギーに体内で変わる事に気付けば
僕らの中の2元性に感謝できるのだろうか。
太陽の光は世界を照らす。人々からソーマを奪い干からびさすこともできるだろう。
真実とはそんなもの。月の様な優しく介してくれる存在が必要。
インドの占星術では月は心、マナスを表している。
その心の機能、共感、同情、慈悲は真実を優しく照らす助けになる。
常に波立つ心の湖に石を投げ続けるのを、止めにしたいけど。。
心は世界に必要だ。
心の波で溺れない人がいないようにそれを見守る人も必要だ。
太陽の光で照らされた湖の底に輝くものをあなたは見つめているのか。
それとも見上げているのだろうか。