あなたはどこからやって来たんだろう。

初めの種はどこからやってきたんだろう。

それはなんの力で芽を出すのだろう。

 

寂しいから仲間を増やそう、種を近くばら撒こう。

少し遠くに行きたいな、鳥さんにお願いしよう。

空からの喜びで育って行く僕達。

苦い経験で強くなって、虫なんかに食べられないぞ。

 

自分と違う姿をしたあの子は誰だ。と怖がる時もある、その芽を摘んでしまおうなんて事も。

大きく育つうちに、忘れてしまうのだろうか。

自分のやってきた場所を。自分が向かう場所を。

土の下では、皆が手を取り合っている事を。

僕らは同じ愛を受け取って、全ての経験を教訓に変える力を持っている。

酸素を世界に与えるように、それは世界に光を与える。

手を繋いでるのを確かめる為に、強くなろう。

少し掘り返された程度じゃ、死なないぞ。

それを確信した時、あの種はまたやってくる。

いや、あの種に帰っていくのかな。

 

終わり