身体が硬いほうがヨガは楽しいこんにちわ。

 

皆様、「ヨガ?身体硬いから無理!」って思っていませんか?

私はよく「ヨガをするにあたって、身体が硬いことは幸せですよ!」というのですが

別にこれは

「ヨガをしてもらう大作戦」でもなく

本当の事なのです。

なぜ幸せなのか?

 

仮にあなたがスポーツやお稽古を始めた時、ちょっと練習したらできてしまう天才だったとしましょう。

すぐになんでもできてしまうあなたはそのスポーツやお稽古を一生懸命続けるでしょうか?

「もうできたし」「時間の無駄だ」とやめてしまうかも…しれません。

恋愛でも同じことが言えるかも知れません。

好きな人を振り向かそうとしている時ってとても楽しい時ではないですか?

(そんな時期もありました笑)

 

なにか「未完」な部分があるから、

その物事を楽しめるのではないでしょうか?

 

ヨガも同じです。

始めからどんなポーズも取れたら、ヨガの本当の恩恵をしらないまま

「ポーズができたからヨガはマスターした」と心の奥で思ってしまうでしょう。

もしかしたらそのままヨガをやめてしまうかもしれません…

ヨガは身体だけでなく心にも恩恵を与えてくれるのです。

仮にそれを感じる前にやめてしまうのはとてももったいないことですよね。

身体が硬いと、ポーズを取ろうとする時にいろいろ考えます。

「この部分は引っ張られるように」「ここは引き下げたほうがいいかな?」と

そうやって

 

「あれ?今日はなんか違うぞ!」と気づいていくわけです。

私もポーズが安全に入りやすいように、説明させて頂きますが

一番大事なのは先程の「気づく」事だと思うのです。

 

身体が硬いとこは「気づき」がとても多く

自分の身体が変わっていく過程をとても楽しめます。

私も正直、身体はそんなに柔らかくありません。

でも身体が硬くてよかったと心の底から感じております。

身体が硬かったおかけで、いろいろと試行錯誤を繰り返し

本で得るような

「頭だけの知識」ではなく「本当の知識」に気づけた気がします。

そして、身体が硬い方の気持ちも理解でき、

そのような方がどうやったら気持ちよくポーズをとれるのか?

という事に真剣に考えられたのも身体が硬かったおかげだと。

そのように感じております。

何事にも感謝ですね。

しかし、身体が硬い方が無理してポーズを取ろうとするのは

怪我のリスクもあるのは事実です。

私も皆様が安全に、気持よくポーズが取れるよう

日々解剖学などを身体の事を学んでおります。

 

 

 

 

ちなみにこの記事を書いてて「幸」と「辛」は似てるなと思い、インターネットで調べてみたら

「十分に辛いを感じて幸せになる」とおっしゃっている方がいらっしゃいました。

辛いの上には「十」という字が乗ってるからですね。

実際に似てるのには

関係はないそうですが、とてもいい表現ですね。

ヨガも「痛い」「ちぎれるー」などをたくさん経験して、「心地よく」「幸せ」になってくと言えますね。

 

お時間いただきありがとうございました。

感謝。

 

代表 オカザキ

Facebookページに参加しませんか?

心身に関するコンテンツを通してあなたのお役に立てますように。